転職がうまくいかない人の失敗例

転職がうまくいかないのは理由がある!

よくある失敗例とは

頑張っているつもりなのに転職活動がうまくいかないと感じるようなら、企業側というよりも自分の転職活動のやり方に何か問題が隠れている可能性があります。自分で問題に気づかないからこそうまくいかないので、失敗例を参考に自分が同じような失敗をしていないか考えてみましょう。面接での過剰アピールやSNSの内容が採用担当者に敬遠される原因になっていることもありますし、条件確認が甘かったために入社後の現実が予想外でがっかりすることもあります。

TOPICS

  • 面接時の過剰アピール

    面接時の過剰アピール

    転職面接でよくある失敗例として多いのが、過剰な自己アピールです。好印象を持ってもらいたい一心でつい話に夢中になってしまうと、話している内容よりも一方的に話す姿勢で印象を悪くしてしまう可能性があります。

  • Facebook上での「人となり」

    Facebook上での「人となり」

    日本国内にも多くの利用者がいるFacebookは、選考時の参考にされることがあります。Facebookの内容から見えてくる人となりがあまり良いものでないと、面接での印象が良くても説得力がなくなってしまいます。

  • 条件面の確認漏れ

    条件面の確認漏れ

    条件面の確認漏れが転職失敗を招くケースは多く、後から考えれば基本的なことばかりで後悔することもあります。全く確認しないというよりは、先入観や他の魅力に気をとられてしまって確認漏れを起こすことが多いようです。

転職がうまくいかない理由を知ろう!

うまくいかない人の特徴とは

次こそ転職を成功させたい方へオススメ